Geoエデュケーションプログラム

10月13日(金) 10:00〜16:45

平成34年度(2022年度)から実施
高校必履修科目「地理総合」での空間情報の活用を探る [教育関係者・一般来場者]

平成34年度(2022年度)以降、高等学校における「地理総合(仮称)」と「歴史総合(仮称)」の必修科目化が決まっております。
学校GIS教育の第一線に関わる実践者(太田弘・慶應義塾普通部教諭ほか)にコーディネートをしていただき、「地理総合」で実践可能なGISを活用した授業のあり方を一緒に検討します。

10:00~12:00

平成34年度(2022年度)から実施 高校必履修科目「地理総合」での空間情報の活用を探る

前半は、2022年より必履修科目として登場する「地理総合」に向けて文部科学省教科調査官の濵野清による基調講演を行う。後半はそれを受けて、GISを活用している現職中高校教員によるワークショプを開催します。

10:15~10:45(30分) 基調講演 文部科学省 教科調査官 濱野 清氏
11:00~11:50(50分) ワークショップ 「想定「地理総合」での空間情報教育」
司会進行:慶應義塾普通部教諭(太田 弘)
11:50-12:00 午前中のまとめ

[このワークショップは終日参加がお勧めです。]

参加お申し込みはこちらから
13:00~16:45

午後のワークショップでは、新指導要領に基づいたGISを活用した空間情報教育の事例としてオープンデータを活用した授業、デジタル地図データなどを活用した授業の事例、Pad、スマートフォン等を活用した授業事例を一挙公開します。

13:10〜15:30 事例紹介
15:30〜16:00 コメント
16:00〜16:45 総合討論
ワークショップ講師:佐藤崇徳(沼津工業高等専門学校)、小林岳人(千葉県立千葉高校)、
伊藤智章(裾野高等学校)、田中隆志(桐生女子高等学校)、東桂子(秋葉台中学校)、河合豊明(品川女子学院)ほか
コメンテーター:卜部勝彦(日本大学)、志村喬(上越教育大学)
コーディネーター・司会進行:太田弘(慶應義塾普通部)

[このワークショップは終日参加がお勧めです。]

参加お申し込みはこちらから
G空間EXPO 開催履歴
  • G空間EXPO2010
  • G空間EXPO2012
  • G空間EXPO2013
  • G空間EXPO2014
  • G空間EXPO2015
  • G空間EXPO2016
TOP