内閣府宇宙戦略室/準天頂衛星システムサービス(株)
経済産業省
(独)宇宙航空研究開発機構
(一財)衛星測位利用推進センター
(一財)日本宇宙フォーラム/IMESコンソーシアム

Office of National Space Policy, Cabinet Office/Quasi-Zenith Satellite System Services Inc.(QSS)
Ministry of Economy, Trade and Industry(METI)
Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA)
Satellite Positioning Research and Application Center(SPAC)
Japan Space Forum/IMES Consortium

概要

ゾーン展示 「宇宙技術でG空間社会の未来を拓く」
地球を測る宇宙技術の紹介とともに、H-IIAロケット模型、各種衛星模型等を展示します。 
◆ 地球上の位置や形を測り、そこに正確に必要な情報をのせる 
2018年に4機体制の運用が開始される準天頂衛星システムが、提供するサービスの概要、軌道モデル、観光・防災等、様々な民間利用実証例を紹介します。また、産業界として利用拡大を考える高精度衛星測位サービス利用促進協議会(QBIC)等の活動についても紹介します。
◆ 地球の営みを監視する
地球観測衛星等を利用し、種々の高解像度衛星画像を撮り、それを地球の安全、人類の安全・安心、豊かな生活を営むために利用する技術等を紹介します。
準天頂衛星初号機“みちびき”の
H-IIAロケットによる打上

準天頂衛星によって創られる
G空間社会
“みちびき”宇宙での飛行状況CG


準天頂衛星活用による利用実証例
閉じる