渡邉 英徳

首都大学東京システムデザイン研究科 准教授

情報デザインやデータ分析の専門家で、災害や戦争の証言等をアーカイブズ化する取組を進めている(ヒロシマ アーカイブ等)。
著書に講談社現代新書「データを紡いで社会につなぐ〜デジタルアーカイブのつくり方〜」等多数。
閉じる