地理空間情報フォーラム

プレゼンテーション・展示
1F
展示小間位置
プレゼンスケジュール

午前の部 (10:20~12:00)

  • 小間No.
  • 発表作品名
  • プレゼンター名
1
遠隔地支援による津波防災マップ作成
~逗子市新宿地区の事例~
GIS大縮尺空間データ官民共有化推進協議会 支援グループ
(代表)松村一保
2
豪雨時のあなたの近くの川の水位がわかる
「川の防災情報」英語版
一般財団法人 河川情報センター
3
災害時の倉敷市真備地区での地理空間情報活用と中国地域への展開
一般社団法人 データクレイドル
4
「GISで小学生を笑顔に」プロジェクト
“地域を知るのは楽しい”をGISで
坂井市教育委員会 北岡武
5
ソウハツする遊び場としてのVIRTUAL SHIZUOKA
静岡県 交通基盤部建設技術企画課 杉本直也
6
京都市オープンデータポータルにおける地理空間情報の活用
京都市
7
ARIA: シミュレーション連携で実現するリアルタイム被害予測
名古屋大学/情報通信研究機構/北陸先端科学技術大学院大学
(代表)廣井慧 
8
言葉の壁がない観光ナビゲーションシステム
東京都立産業技術研究センター 阿部真也
電気通信大学 佐々木諒
9
沖縄島中南部1948年地形復元
ー失われた亜熱帯地形をバーチャル空間にー
GIS沖縄研究室 渡邊康志
沖縄大学名誉教授 上原冨二男
10
北海道インバウンド旅行者の山岳安全に向けた
英語表記地形図(紙地図)の開発
HokkaidoWilds.org  
(代表)トムソン ロバート

午後の部① (13:00~13:50)

  • 小間No.
  • 発表作品名
  • プレゼンター名
11
地図アプリを使って市民の健康増進!
“おおむた+Walking”
大牟田市 保健福祉部福祉課 實本昌秀
12
富山市型スマートシティによるまちづくり
富山市 情報統計課 島崎忠司
13
レジリエンスマップで住民のレジリエンスアップ!
神奈川県寒川町 
(町長)木村俊雄
(拠点づくり部田端拠点づくり課長)米山紀一
14
GISを活用した防災教育・コンテンツ製作と学生からの情報発信
大分大学減災・復興デザイン教育研究センター
江内谷万緒・大野桃菜(大分大学大学院)
15
誰もが自由に利用できる高等教育向け「GIS実習オープン教材」
GIS-OER WG
(代表)小口高

午後の部② (14:10~15:10)

  • 小間No.
  • 発表作品名
  • プレゼンター名
16
ワンタッチでGIS!
― webGIS コンテンツ『SONIC』を利用した地理教育―
奈良大学文学部 近藤樹・田原和真
17
リアルな体験を可能にする災害訓練ARアプリ “CERD-AR”
大阪市立大学 都市防災教育研究センター
吉田大介・三田村宗樹
応用技術株式会社 林博文・ゲェンバンティエン
18
まいたいタッチ
九州産業大学 芸術学部  佐野彰
19
防災アプリ
「SHS災害.info2019」
宮崎県立佐土原高等学校 情報技術部
20
重信川の洪水被害調査
~洪水前後の河川植生動態の可視化~
愛媛県立伊予農業高等学校
伊予農希少植物群保全プロジェクトチーム
21
UAVを用いた精密農業の実践
~水田の悪魔vs. G空間情報の利活用~
愛媛大学農学部 村井麻里亜
G空間EXPO 開催履歴
  • G空間EXPO2010
  • G空間EXPO2012
  • G空間EXPO2013
  • G空間EXPO2014
  • G空間EXPO2015
  • G空間EXPO2016
  • G空間EXPO2017
  • G空間EXPO2018
TOP